ライブカジノは、なんといってもその臨場感と戦略性が魅力です。 コニベットでは、定番人気ゲームはもちろん、日本人ディーラによる日本人向けのライブカジノもプレイできます。 さらに、「新リリース」「購入機能あり」などの条件でも確認できるので、プレイヤーにとってはかなりありがたい仕様となっています。 ライブRTP機能は、ぜひ他のオンラインカジノにも実装してほしいものです。 コニベットでは、最大10%超のキャッシュバックボーナスがあります。

  • 65%ボーナスと比較すると少しさみしく感じますが、50%でも返ってくるのはありがたい。
  • アカウントの登録後に、自身のタイミングで本人確認手続きを行うか、初めての出金申請をした際に運営から本人確認書類の提出を求められます。
  • オンラインカジノにいきなり入金するのが怖い場合は、登録するだけでもらえる入金不要ボーナスを活用してお試しプレイするのがおすすめです。
  • コニベットの魅力の1つが、最大1.5%のリベートボーナスです。
  • コニベットでの銀行振込は入金時に適用される米ドルレートが高額なため非推奨です。

新規登録直後に案内される入金不要ボーナスは、入金をせずに勝利金を得るチャンスがあるお得なボーナスです。 黒い部分にも、ライセンス番号、ライセンスを受けた運営会社、並びに登録ドメインが再度記載されています。 コツコツ溜まってくリベートボーナスは今オンラインカジノで最も熱いボーナスです。 そのリベート率がスロットで最大1.5%、ライブカジノで最大1.0%にまで上がります。

コニベットの退会・アカウント凍結方法を解説!自己規制は未対応

このボーナスでは、初回入金から残高が1ドル以下になった場合に、定められた割合がキャッシュバックされる仕様になっています。 キャッシュバックされた金額に賭け条件はないので、そのままプレイし続けてることも出金することも可能です。 2019年にオープンしたコニベットは、キュラソーライセンスを取得し、準拠法に則り合法的に運営されています。

  • もっとシンプルで使いやすいオンラインカジノはたくさんあるので、改良してほしいポイントです。
  • ビギナーの方にとっては、保証がある様で安心してプレイできますね。
  • コニベット(konibet)の本人確認に付いて、様々な角度から解説します。
  • 3日間を過ぎてしまった場合、キャッシュバック額が65%から50%に減ってしまいますので早めのご利用をお願いします。

ベラジョンカジノはオンラインカジノとしての歴史が古く、日本に参入した時期も比較的早かったため、国内での知名度の高さは1、2を争うといっても過言ではないでしょう。 コニベットは、発行基準が厳しく取得が難しいとされるキュラソー政府のライセンスを取得しており、合法的に運営されているオンラインカジノです。 オンラインカジノについて専門性・信頼性が高いコンテンツを発信していきます。 英語のみのサポートでは分からないことがあっても、どこに相談すればいいのか分からず不安を感じることも少なくありません。 しかし、日本語対応のオンラインカジノでは、ユーザーは安心して問い合わせができます。 野球やサッカーなどのメジャースポーツから、水球や卓球などのマイナースポーツに加え、競馬も楽しめる点も特徴のひとつ。

コニベットに入金できないのはなぜ?入金が反映されない原因と対処法

コニベットでは5種類のイーウォレットが用意されており、どの決済方法も大手オンラインカジノでも導入されているものなので、安心して利用することができます。 イーウォレット(電子決済サービス、電子マネー)系の決済方法は、入金と出金に対応している決済方法です。 電子決済の強みを活かし、トラブルなく迅速に決済を行うことができます。 登録や入金操作はとても簡単なので、有効活用していきましょう。 銀行振り込み系の決済方法を使用してコニベットで入金するには、先に銀行カードを登録する必要があります。

もっとシンプルで使いやすいオンラインカジノはたくさんあるので、改良してほしいポイントです。 ちなみに、ほとんどのオンラインカジノが降格制度を取り入れています。 しかし、プレイヤーの評判を調査すると、「勝てない」「詐欺している」といった悪い口コミが実際に確認できました。 コニベット 入金不要ボーナス 出金 上記の誕生日などの個人情報を間違えると、KYC(本人確認)で認証されず、出金ができなくなってしまうこともあります。 出金に疑いがある場合、あるいは多くのユーザーが出金申請を行うと、これ以上の時間になる可能性があります。

コニベット(Konibet)について

さらに、アカウント登録から3日間は「コニたんマジ天使」という特別なリベンジボーナスが提供されますが3日を超えてしまった場合はこちらのリベンジボーナスを活用ください。 登録に関して不安や疑問がある場合は、24時間対応のライブチャットでサポートを受けることも可能です。 なお年齢証明書の提出に応じなかった場合は、すべての入金額および勝利金は没収され、アカウントの利用を停止されるおそれがあります。 ④名前とメールアドレスを入力し、メッセージ欄には「リベンジボーナスKMTを申請します」と入力して「提出」ボタンをクリック。

リベンジボーナスは100ドル以上の入金を行った際、残高が1未満になったら負けた額の50%がキャッシュで戻ってくるというものです。 Jリーグは日本語非対応の海外ブックメーカーでも取り上げられている人気のリーグです。 ただし、ハンディキャップベットのオッズを見てみると、その中間点がおよそ「1.84」となっており、少し物足りない数値となっています。 今度は北米四大スポーツに含まれるMLBのオッズを見ていきましょう。 日本以外からも注目される人気のリーグで競争率が高いため、プロ野球のオッズよりはやや高いものになっています。 コニベットはオランダ領キュラソーのライセンスを取得しています。

コニベットでライブストリーミング視聴できる?

面倒な本人確認もいちど提出を済ませてしまえば、いつでもスムーズに出金できますので早めに本人確認を済ませておきましょう。 本人確認書類には、運転免許証やパスポートなどの顔写真付き身分証明書・住民票や公共料金請求書などの住所確認書類があり、それぞれ1点ずつ提出しなければなりません。 運転免許証の画像を提出する場合は、住所変更などの情報が載っている裏面もアップロードする必要があります。 初期設定では本人確認書類(身分証)用のページとなっています。

  • 決済方法確認書類をアップロードして承認が済むと、コニベット(konibet)にクレカ(プリペイド,デビットカード)で入金できるようになります。
  • ちなみに、日の日中にかけては迅速に終わることが多いのでおすすめの時間帯となっています。
  • 一意のユーザーとして認識できるようにすることで、たとえば登録し直して何度もボーナスをもらい直すといった不正を防ぐことができます。
  • コニベットで入金不要ボーナスを出金したプレイヤーは多数存在します。
  • オンラインカジノとしては珍しい、シューティングゲームやスポーツベットの取り扱いも充実しているので、飽きずに楽しめます。
  • Konibetの本人確認書類の提出方法は、コニベット(konibet)のサイトからアップロードして行いますので、以下で方法を具体的に解説します。

ベット上限額はライブカジノ1ラウンドあたり25ドル、スロット1スピンおよびスロットのボーナス購入1回あたり10ドル、シューティングゲーム1ラウンドあたり10ドルです。 ⑤最後にボーナスクーポンのコード「SPKONI40」をペーストして、「送信」ボタンをクリックしてください。 利用規約などへの同意、お知らせ配信のチェックボックスにチェックを入れ、「送信」ボタンをクリックしましょう。 そのため、鮮明な写真ではないと何が書いているのか不明解となってしまうので、本人確認(KYC)となりません。 写真を撮った後は、きちんと鮮明に写っているのかを確認した上で、大丈夫な写真を送りましょう。 クレジットカードやデビットカード、バ―チャルカードで入金をした場合、カードの両面のコピーが必要となります。

コニベット(konibet)のKYC認証(本人確認)について分かりやすく解説!

ゲームプロバイダのウォレットが見つからない場合は、注意書きに従ってウォレットを探すことになります。 スポーツベット部門では一部チーム名が英語のままなので、ベットしたい試合を探す時は英語と日本語の両方で探すと漏れがなくなるでしょう。 *身分書の提示はカラーで、顔写真、住所、をはっきり写す、そして有効期限内のもののみです。 コニベット オンカジ また、書類の画像が不鮮明、または書類の一部が切れていたりすると無効になってしまいます。 オンラインカジノはギャンブルなので、絶対に稼げるとは言い切れません。

  • 入出金のようなシステム面だけではなく、スポーツベット部門のガイドも揃っておりブックメーカー初心者にもやさしい作りになっています。
  • インターカジノもキュラソーライセンスを所持しているオンラインカジノです。
  • 日本語サポートの有無や、それぞれのサイトの特徴も併せて説明します。
  • 今回紹介したオンラインカジノは、口コミでも評判の高いサイトばかりなので、日本語対応のオンラインカジノを探している方はぜひ試してみてください。
  • ただし、初回入金ボーナスを受け取るためにはライブチャットへ2回の申請が必要です。

住所確認書類は、本人名義かつ現住所の公的書類・公共料金・携帯料金の支払書類・クレジットカードの利用明細書・政府発行の市・区役所からの郵便物が利用可能です。 キュラソーライセンス自体は、ブックメーカーにおいて一般的なもので特別感はありません。 ただ、キュラソーライセンスのブックメーカーは仮想通貨を含めた幅広い入出金手段をもつところが多く、コニベットもそれにあてはまります。 反対に、中南米や東南アジアの国々が発行したライセンスは審査が甘めであるという指摘があります。 より安全にオンラインカジノを楽しみたい場合は、ライセンスの発行元にも注目しましょう。 海外企業が運営しているオンラインカジノで日本人がプレイすることに対する法的な制限は現在のところないため、抜け道的に許されていると考えてよいでしょう。

クレジットカード画像の提出手順

次に、手書きで「Konibet認証用」と書かれたメモをご準備下さい。 コニベットでの銀行振込は入金時に適用される米ドルレートが高額なため非推奨です。 銀行入金をすると異常に高い手数料を支払う形になるため、できればカード、仮想通貨、エコペイズなど他の入金方法を利用することをオススメします。

  • コニベットは、スロットやライブカジノ、スポーツベット、eスポーツベットなど、幅広いゲームを楽しめる日本語対応のオンラインカジノです。
  • しかし、現在の法整備では逮捕される可能性は極めて低いのが実情です。
  • 表示された画面(下図の上の画面)の右にある4ケタの数字を入力して【発送】を押すと、携帯にSMSで認証コードが届きます。
  • セキュリティのために、最初の6桁と後ろの4桁以外は隠して撮影をしましょう。
  • コニベットでは、初回出金時やクレジットカードで入金をする際、必ず本人確認手続き(KYC)を行う必要があります。

24時間RTP、週RTP、月RTPとフィルターをかける事も可能ですし使い勝手はかなり良いです。 ライブRTPを備えたオンラインカジノは少ないのでオススメです。 ブックメーカーとしてのコニベットの最大の特徴ともいえるのが日本式ハンディキャップです。 こちらはコニベットの独自オッズで、単純な勝ち負けではなく10%勝ち70%負けなど、細かく勝ち負けが設定されているオッズです。

コニベット本人確認に必要な書類

オンラインカジノの場合、入金から出金まで全てネットで行われるので、マネーロンダリングや未成年や他人のなりすまし等の問題があります。 住所確認書類では、以下のうちどれか一つ、3ヶ月以内に発行され、登録者氏名と住所が確認できれは問題ありません。 少ない賭け金で遊び始められることから、初めての方でも気軽にチャレンジしやすいといえるでしょう。 SNSなどでは出金がやや遅いという評判も見られますが、日本人向けのイベントも多く、サポートも手厚いため、多くの方が楽しんでいます。 ベラジョンカジノも、コニベット同様キュラソーライセンスを所持しているオンラインカジノです。

獲得条件として、メールアドレスや電話番号等のアカウント登録情報の認証を完了している必要があります。 アカウント登録情報の認証は、メニュー>プロフィールアイコンの「⚙アカウント設定」から行うことができます。 コニベットでは、新規登録プレイヤーを対象に入金不要ボーナス(20ドル)とリベンジボーナスを配布しています。 「コニベットの危険性や評判について知りたい」、「コニベットの入金不要ボーナスが気になる」という方は、是非ともこのレビューを参考にしてください。 上記のメリットと比較表から見て分かる通りコニベットの1番の差別化要素はその圧倒的ボーナスと24時間日本語サポートです。 コニベット(Konibet)は、オンラインゲームの世界で非常に人気のあるプラットフォームで、その魅力は多岐にわたります。